トップスターが2名も!宝塚歌劇団88期生

2002年に初舞台を踏んだ宝塚歌劇団88期生。初舞台公演は、星組『プラハの春』でした。2003年の阪急阪神のお正月モデルには、桜乃彩音さんが選ばれました。
桜乃さんは、2006年に花組のトップ娘役に就任しました。御披露目公演は、『ファントム』のクリスティーヌ役でした。2010年『虞美人』を最後に卒業しました。
2015年には、朝夏まなとさんが宙組でトップスターに就任しました。朝夏さんは初舞台後花組に配属になり、入団4年目の2005年に7年目までの若手だけで演じる新人公演で初主演に抜擢されました。2012年に花組から宙組へ組替えとなり、2017年『神々の土地』を最後に卒業しました。
2017年には、紅ゆずるさんが星組トップスターに就任しました。紅さんは配属からずっと星組で、2008年に最後の新人公演となった『スカーレット・ピンパーネル』で初めて主演を務めました。2018年に台湾での公演も控えています。