私が使っているのはアメリカ テネシー州 ナッシュビル工場産まれの
GibsonGS(ギブソン エスジー)というものです。

著名な使用者としてはAC/DCのアンガス?ヤングやトニー?アイオミ
日本だと人間椅子の和嶋慎治さん
オタク界隈だとスーパーそに子 ハルヒの長門
エンジェルビーツのガルデモのユイちゃん辺りが有名です。

このギターはストラトでもなくレスポールでもなく中間を好む人向けに作られたところがあって価格帯は9万円前後から~数十.数百万前後となっており

材はマホガニー指版はローズウッドという茶色い指版です。
肝心のボディはエボニーやHertage cherryという伝統的なワインレッドというような意味合いのカラーで仕上がりが非常に綺麗なんです。

SG Standardというピックアップがハムバッキングの物だとフロントピックアップでは上品かつ綺麗な音が出るんですが
リアは爆音で ハシャいでいるロックな姉ちゃん的な人向けの音がするというツンデレさん

リーシュというP-90というシングルタイプの物だとジャキジャキしたハシャギまくりな音が出ます。

肝心の弾き心地なんですがネックが細いので抑えやすい運指がしやすく世界最速で弾けるという異名すらあります。

ボディも軽く片手でダンベルのように上下出来ちゃいます(笑)

初心者の方に押さえていただきたい点はボディが軽くヘッドが重いので肩に掛けた時にヘッド落ちという現象が起きる事と

座りながら弾くと構造上1フレットが手から遠くなるという点
そして初期セッティングだと弦高が高いので意外と抑えづらく下げるのも手という事です。

あとネックがラッカー塗装な為普通にネックを支える部分のあるギタースタンドだと変色してしまうのでクロスを一枚挟むと良いです。

ギターケースなのですがギグケースというタイプの衝撃吸収の物が付いてきます

GibsonUSAのロゴがカッコよくてアツいです。
収納部分は少なめなのでピックやクロス程度しか入らないので

エフェクターボード等で荷物を収めると良いかと思います。

各メーカーのSGシェイプなんですが 商標登録的な感じで微妙に誤魔化されながら TOKAIやHISTORY ESPなどから出てます。

あと面白いところでいうと背面を向けてネックが傷み辛いように壁に立て掛けるとクワガタに見えます。全身脱毛 脱毛ラボ