2002年に初舞台を踏んだ宝塚歌劇団88期生。初舞台公演は、星組『プラハの春』でした。2003年の阪急阪神のお正月モデルには、桜乃彩音さんが選ばれました。
桜乃さんは、2006年に花組のトップ娘役に就任しました。御披露目公演は、『ファントム』のクリスティーヌ役でした。2010年『虞美人』を最後に卒業しました。
2015年には、朝夏まなとさんが宙組でトップスターに就任しました。朝夏さんは初舞台後花組に配属になり、入団4年目の2005年に7年目までの若手だけで演じる新人公演で初主演に抜擢されました。2012年に花組から宙組へ組替えとなり、2017年『神々の土地』を最後に卒業しました。
2017年には、紅ゆずるさんが星組トップスターに就任しました。紅さんは配属からずっと星組で、2008年に最後の新人公演となった『スカーレット・ピンパーネル』で初めて主演を務めました。2018年に台湾での公演も控えています。

アベノミクスの上昇相場で小型株への投資で一億円以上稼いだ人が今から株式投資を始めるとしたらどのような銘柄を購入するのかを考えてみました。
結論から申し上げますと、彼らは「株式を買わない。」と思います。
なぜならば、彼らはリーマンショック後に下がった割安な小型株を購入してそれがアベノミクスで株価が5倍10倍になった人だからです。
つまり、株価の上下で利益を出したのではなく、株が下がったところで株を買い、株か上がるまで待ち続けた人なので株価が高くなり、割安株のなくなった日本の株式市場には投資自体を見送るはずです。
ですから、彼らは現在株を新たに仕込むことはせずにブログなどを運営してそこから収益を得たり、書籍を出版して利益を得ているのです。
長期投資を前提としても割安株のほとんどなくなった日本市場では新たに株価が暴落してから株を購入しようと彼らは虎視眈々といい会社を会社四季報を駆使して探し、株価が下がるまで待っている最中だと思うのです。ミュゼ 足脱毛